(^o^)ブログをやってきて考えたこと

2年半、ブログをやってきて今は更新停止しました。記事はあくまでも、執筆時時点の情報なので、あしからずご了承ください♪

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

何らかの理由で、複数のブログを運営することもありますよね。
客層を明確に絞りたいから、話題を分けたいとか、
あるいは、プライバシーが心配だから、話題ごとに分けたいとか。
更には、データバックアップの意味で、ミラーサイトを作る、というのもアリですし、
今のブログに、画像容量などの機能面で不満があり、
移転先を探す意味も兼ねて複数開設、という人も居ますよね。

その複数のブログ、同じHNでやらなければならない理由は全くありません。

逆に、ぜひ同じHNにしたい、と思っても、やろうとしているブログサービス内で、
そのHNなりIDが既に、他の人に使われていてダメ、というケースもあります。

しかし。


複数のブログを持ち、別々のHNで運営することに、
否定的な感情というか、嫌悪感を顕わにする人も存在するようです。
自作自演だとか、何とでも悪く言えるみたいで。

どうしても複数ブログを持つ必要があるなら、同じHNに統一するべきだとかって、
一方的な主張を、他人にも強要する方々とか、
別々のHNを持つのは、既に悪事をしている証拠、とアタマから決め付けるみたいな、
発想が悪意に満ちた、視野の狭い人種とでも申しますか。

また、「ミラーサイト」も別の意味で、否定的というか疑問を持つ人がいます。
同じ内容を幾つもあげるのは無駄なことだ、と断定するとかですね。
しかし、特にYahooなど、無料のバックアップサービスがないところで始めた場合、
記事を別途保存しておきたいと思うのは、おかしなことではないと私は思うのですが、
ホント世の中、いろいろな方がいらっしゃいますので。。。
思想自体は、自由が認められていますし。

まあ確かに、ミラーサイトとして作るなら、せいぜい2〜3個くらいかと
私自身も思いますけどね。随分時間があるんだな、というか。

しかしいずれにせよ、ちゃんと理由があっての行動であれば、
第三者の否定的な雑音は気にしないほうが得策です。


そして特に、もし、プライバシーが心配でブログを分けるのだとしたら、
気をつけたいことが幾つかあります。

第一に、当たり前ですが、
同じHNやID、ブログタイトルでは、一切作らないこと。
HNやIDなどで検索すれば、一瞬で見つけられます。
プライバシー保護が目的であれば、絶対にHNは分けるべきでしょう。

第二の注意点としては、
別ブログのURLに、同じ文字列を使わないこと、というのもありますね。
HNが別でも、IDやURL文字列に同じものがあると、検索で簡単に見つけられますし、
逆に、共通の文字列があるだけで、別人を同一人物と断定する人種さえもいます。

第三の注意点は、
原則として、全く同じ話題は扱わないこと。
元は全然別人のブロガー同士でさえも、同じ話題の記事を書いているからと、
同一人物と断定して罵る趣味の人種がいるくらいですから、
ワザワザ同じ話題を扱うと、リスクは格段に高くなります。

第四の注意点は特に重要ですが、
同じ写真・画像を使いまわさないこと、です。
同じ写真を使うのは、そもそも同一の著作権者であるか、もしくは
他人の撮った写真を無断で使っている(=違法)かのどちらかしかありません。
単に同じ話題、というのとはかなりワケが違うんですよ。
しかも、画像検索のキャッシュは、文字検索より長い期間残るらしいです。

逆に敢えて、別HNにしてしまった別宅を閲覧者に紹介したい場合には、
同じ画像を使うと、格段に同一人物だと認めてもらいやすくなりますが。

第五としては、
自分の別のブログへのリンクや紹介は、公開記事やコメントではしないこと。
自分の別ブログ同士をリンクとか、トラバをしないのはモチロンですが、
他のブロガーさんのブログでのコメントでも、内緒コメントでない限り、
HNなどで検索すれば簡単に見つかります。
あとで消しても、キャッシュで残る場合が多々あるようですし、
悪趣味な人に見つかったら、web魚拓を取られたりとか
広める記事を書かれることさえありえます(似たようなことを経験済みです)。

ちなみに他人様のブログの魚拓の場合、削除依頼が通ることは殆どないため、
相手の方に頼んで、ブログ主から著作権侵害として依頼しないと、
削除されることはあまり望めません。

最後に、
友人ブロガーさんへのリンク表示は、可能な限り差し控えること。
いわゆる「交友関係」「出入り先」がほとんど同じだから、という理由で、
別ブログが暴かれることも、別人と同一視されることも、共にありえます
(後者はホント、災難としか言いようがないですけどね。。。)。
付き合いもあるので、全く表示しないわけにはいかないかもしれませんが、
少なくともそれぞれのブログで「メンバー」を変える必要があるでしょう。
まあ、話題を分けている場合、付き合いが重なることは少ないと思いますが。


モチロンこういった注意点は、プライバシー保護目的でない場合には
ほとんどあてはまりませんので、気にしないでも大丈夫です。
単に、客層を分けたいから話題を分ける、という方も多いと思います。
その場合は好きにやってよいと思いますが、
別ブログが他人に見つけられる可能性は、それなりにある、と考えてよいでしょう。
そもそも、HNや画像情報などでの検索は、決して悪いコトではありませんし。

しかしいずれにせよ、ブログ主の素性や居場所を漁ろうとする、悪趣味な人種が
ネット上で暇を持て余し、ターゲットを探していることは間違いない、と
私は経験から実感しておりますので、
ブログを分けたとしても、閲覧制限したとしても、あまり油断しないほうが無難です。

また、複数ブログを開設してみた当初の時点では、
あまりプライバシーとか別ブログの存在を気にしなくとも、
続けていくうちに、リアルバレしそうとか、悪趣味な連中に絡まれるなど、
別ブログを繋げたくないと思うように、状況が変わるかもしれません。
そのときに慌てて、別ブログを隠そうとしても、既に遅いかもしれないです
(最初から閲覧制限していない限り、キャッシュやアーカイブ等に残ります)。

モチロン、悪意ある連中から絡まれるだけではなく、
「妙な好意」を一方的に持たれて、探られる可能性だって十分にありますしね。


なので私の個人的な意見ではありますが、話題を分けるブログは、
後々の環境の変化をも視野に入れれば、最初から違うHNで、
別々の場所でやったほうが無難ではないか、という気がします。





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

July 2017


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
こいぬ


都合により、更新を停止いたしました。

なお、このブログで書いている「各社のブログ機能比較」の記事は、あくまでも「執筆時時点」での情報に基づいています。
そのため、現在は機能変更等で事情が変わっているものもあり、また、私の個人的意見も含みますので、ご了解の程お願いいたします。


MOTHER3

Recent Comment

Recent Trackback

ax.xrea
このpageのtopへ▲